ジョモリー 効果

ジョモリー(Jomoly)の配合成分を解析!【抑毛効果はホンモノ?】

ジョモリー 効果

 

薄着の季節になると、いつもより気になってくるのが、体のムダ毛だと思うのですが、そんな時皆さんはどんなムダ毛の処理をしていていらっしゃいますか?たぶん多くの方が、剃刀や毛抜きなどを用いていらっしゃると思うのですが、それだと処理があまりきれいではないですよね。

 

私も、同じようなムダ毛処理をしていたのですが、何気なくネットを検索していた時、ジョモリー(Jomoly)という抑毛石鹸をみつけたのです。

 

ジョモリー(Jomoly)は、抑毛石鹸なのですが全身を洗うことができて、抑毛もしてくれるんです。

 

そんなジョモリー(Jomoly)の成分や効果は、どうなんでしょうか?気になったので、ジョモリー(Jomoly)の成分や効果について調べてみたいと思います。

 

ジョモリー(Jomoly)の効果や成分が気になっている方に、見て頂けたら嬉しいです。

 

ジョモリー(Jomoly)の効果と成分は?

 

成分

  • パパイン
  • ブロメライン
  • イソフラボン
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ
  • ラレアディバリカタエキス
  • 柿タンニン

 

が主な成分のようです。

 

パパインと、ブロメラインは毛を構成しているタンパク質を分解してくれる働きをします。

 

イソフラボンは、男性ホルモンを抑制して、ムダ毛を薄くする働きがあります。

 

ヒアルロン酸は、保湿をしてくれる働きがあります。

 

プラセンタは、メラニンの生成を抑制してくれ、美白に導く原ら気をしてくれます

 

ラレアディバリカタエキスは、毛を作るために必要な細胞の増殖を防ぎ、ムダ毛の再生を抑制する働きがあります。

 

柿タンニンは、臭いの元を根本から絶つ働きがあります。

 

効果

  • 脱毛効果
  • 消臭効果
  • 美肌効果

 

などが挙げられています。

 

成分をみて見て、脱毛効果・消臭効果・美肌効果があると言われて納得できるような、成分が含まれている感じはします。

 

ただジョモリー(Jomoly)を使用することに、メリット・デメリットがあるようなので、みて見てください。

 

メリット
  • 使用しても、痛みがない
  • 肌荒れを起こすことがない
  • 洗うだけで簡単にムダ毛処理ができる
  • ムダ毛に対するコンプレックスがなくなる

 

デメリット
  • 毎日ジョモリー(Jomoly)を使わなければいけない

 

とメリットとデメリットを挙げてみました。

 

デメリットと言われていることも、毎日お風呂には入るわけですから、体を洗う時にボディーソープではなく、ジョモリー(Jomoly)石鹸で洗うだけなので、そんなには難しいことではないですよね。

 

もし、忘れてしまった!!と思っても慌てずに、また次の時から使ってください。

 

しかし、ジョモリー(Jomoly)の効果が、半減することはお忘れなく!

 

ジョモリー(Jomoly)の効果と成分は?のまとめ

 

いかがだったでしょうか?ジョモリー(Jomoly)の成分と効果についてなどについて、少し書いてみました。

 

成分は、ムダ毛が生えてくるのを抑制してくれたり、保湿や美肌になるような成分も、しっかり配合されている印象でした。

 

また、効果も脱毛効果・消臭効果・美肌効果と気になっているところを、しっかりカバーしてくれるようですね。

 

と、ここまで私が調べてみたことを書いてみたのですが、まだもっとジョモリー(Jomoly)についての情報が欲しい!と思われる方は、一度ジョモリー(Jomoly)の公式サイトをのぞいてみてください。

 

たくさんの情報が書かれているので、見ているだけでも面白いと思います。

 

良かったら、お時間のある時にでも、ご覧になってくださいね。

 

>>ジョリーモ(Jomoly)の詳細はコチラ